コンテンツにジャンプ

トップページ 各課からのお知らせ 教育文化施設開館25周年記念企画展 「縄生廃寺からみる古代の眺め-古代寺院と社会-」

開館25周年記念企画展
「縄生廃寺からみる古代の眺め-古代寺院と社会-」

更新日:2022年11月1日

  昭和61年、朝日町縄生の山中で飛鳥時代にさかのぼる古代寺院の塔跡が発見されました。唐三彩碗を伴う舎利容器、蓮華文とよばれる文様をもつ軒丸瓦などの瓦類、といった資料が多く出土し、当時の古代寺院や仏教を考える上で重要な成果をもたらしました。
 教育文化施設は開館25周年を迎えます。博物館では、その記念事業として縄生廃寺をテーマに展示会を開催いたします。唐三彩碗を伴う舎利容器をはじめとする縄生廃寺の出土遺物はもちろんのこと、古代社会や仏教の様相がわかる貴重な資料を数多く展示いたします。

会期:令和4年11月2日(水)~12月4日(日)
開館時間:9時~17時(入館は16:45まで)
休館日:11月7日(月)・14日(月)・21日(月)・23日(水・祝)・28日(月)・30日(水・整理日)
会場:朝日町歴史博物館展示室
入館料:無料
お問い合せ先:朝日町歴史博物館(電話059-377-6111)

主な展示品
・縄生廃寺出土舎利容器(重要文化財、国(文化庁保管)所蔵)
・縄生廃寺出土遺物(当館所蔵)
・金剛場陀羅尼経(国宝、国(文化庁保管)所蔵)
・徳島県観音寺・敷地遺跡出土「論語」木簡(重要文化財、徳島県所蔵)
・徳島県観音寺・敷地遺跡出土「勘籍」木簡(重要文化財、徳島県所蔵)
・山田寺舎利容器(重要文化財、山田寺所蔵)
・大安寺旧境内出土唐三彩陶枕片(奈良文化財研究所所蔵)

 

※ご入館にあたりましては新型コロナウイルス感染症拡大防止対策にご理解とご協力をお願いします。

 

関連ファイル

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関する問い合わせ先

文化課
電話番号:059-377-6111
ファクス:059-377-6112